PRO-DITIONAL NIPPON

twitter

facebook

鹿児島県 薩摩錫器

 

桜島を有する鹿児島県。その西部地方の旧国名が「薩摩」。
戦国時代であっても、江戸時代であっても、明治維新の激動期であっても、必ず登場する薩摩という国名。そして、その国を統治する島津家。
その島津家の命を受けて行われた地下資源開発により発見された錫鉱脈こそが、薩摩錫器の始まりである。
その錫器が広く一般庶民の間に広まり始めたのは、薩長の出身者が政治を司っていた明治以降。その後、他の金属や、合成樹脂の器のシェアが大きくなり、薩摩錫器の工房の数も減り続けることに。

薩摩錫器の師であった父から、技を教わり、そして、次世代に技を伝えようとしている浅田錫器の浅田さんは「伝統とは日本の宝。伝統とは使う人の喜び」と語ります。

撮影場所
屋久島/曽木の滝/ツルおよびその渡来地(出水市)/神川大滝公園/桜島
撮影協力
浅田錫器 浅田慎太郎氏
使用機材(ソニー製品)
XDCAMメモリーカムコーダー PXW-FS5K
デジタル一眼カメラ α7S
デジタル一眼カメラα[Eマウント]用レンズ SEL70200G
デジタル4Kビデオカメラレコーダー アクションカム FDR-X1000VR
エレクトレットコンデンサーマイクロホン ECM-VG1
ワイヤレスマイクロホンパッケージ UWP-D11
業務用SDカード 2SF-64P
ポータブルストレージ PSZ-SC96/PSZ-RA6T
※動画はFS5、静止画はαで撮影していますが、一部FS5で撮影した動画より切り出した写真も掲載しています。

撮影後記

撮影後記

デジタルペーパーでの撮影後記

撮影後記を読む

メールサービス登録

メールサービス登録

Copyright Sony Business Solutions Corporation

TOP