>

サーヴィスデザインから“道具”は生まれ 自己の再定義から“未来”は生まれる

Chamber 20
2018.07.13

サーヴィスデザインから“道具”は生まれ
自己の再定義から“未来”は生まれる

かたやエレクトロニクス、かたやアウトドア。
分野も規模も異なるソニーとスノーピークだがものづくりにおいて、いくつかの共通項が存在する。
それは、「道具」をデザインするにあたり、ユーザーの行動を観察すること。
ブランドの「らしさ」を堅持するために、常に自らを再定義し、刷新すること。
お互いの「Way」から学びを得るべく新潟県三条市において、対話がおこなわれた。

サーヴィスデザインから“道具”は生まれ 自己の再定義から“未来”は生まれる

もっと見る

(※WIREDの記事ページへリンクします)

twitter

facebook

メールマガジンの登録はこちらから

B

Copyright Sony Business Solutions Corporation

TOP