PRO-DITIONAL NIPPON

twitter

facebook

福井県 越前和紙

 

和傘、和室のふすま・障子にも使われる和紙。
洋紙のように文字を書く以外にも使われることからわかるように、耐久性の高さが特長のひとつである。

その実例として、1300年もの前の和紙が奈良の正倉院に残っている。
産地も特定されており、「越前和紙」が使われているのだという。

そんな越前和紙を守り続ける長田さんが、特に大切にしていることはふたつ。
技術を守ること、そして、人の話を聞くこと。

技術を守るだけでは、どこに使われるか、欲しいかを知ることはなく、続いていかない。
人の話を聞いて、欲されるところにしっかりとした技術で提供する。
両立させるのが、本来の「職人」だと長田さんは言う。

撮影場所
サコサガ滝/刈込池/龍双ヶ滝/武周ヶ池/東尋坊/鉾島
撮影協力
長田和也氏
使用機材(ソニー製品)
XDCAMメモリーカムコーダー PXW-FS5K
デジタル一眼カメラ α7RII
デジタル一眼カメラα[Eマウント]用レンズ SEL70200G
デジタル4Kビデオカメラレコーダー アクションカム FDR-X1000VR
エレクトレットコンデンサーマイクロホン ECM-VG1
ワイヤレスマイクロホンパッケージ UWP-D11
業務用SDカード 2SF-64P
ポータブルストレージ PSZ-SC96/PSZ-RA6T
※動画はFS5、静止画はαで撮影していますが、一部FS5で撮影した動画より切り出した写真も掲載しています。

撮影後記

撮影後記

デジタルペーパーでの撮影後記

撮影後記を読む

メールサービス登録

メールサービス登録

Copyright Sony Business Solutions Corporation

TOP