PRO-DITIONAL NIPPON

twitter

facebook

和歌山県 棕櫚箒

 

棕櫚箒(しゅろほうき)の原材料は棕櫚(しゅろ)の木の皮である。
ヤシ目ヤシ科の植物である棕櫚は、その分類からわかるように、見た目も南国ムード満載の植物である。しかし、日本に産するヤシ科の植物の中ではもっとも耐寒性が強いため東北地方や、石狩平野でも栽培されていたという記録もある。
棕櫚箒製作舎がある和歌山県の野上谷地区は棕櫚の一大生産地であり、棕櫚を用いたロープや敷物、タワシや箒を作る工房が町にはたくさんあったという。

21世紀の今、伝統的な技法で棕櫚箒を作り続けている職人は、棕櫚箒製作舎の西尾さんの他に数名しかいないという。
しかし、西尾さんに気負いはない。「伝統と言っても新しいものも作るんですよ。軸を守って」。師匠の教えを守り、新たな棕櫚箒を作り続ける西尾さん。「ええものを作れ、と師匠に言われました」と。今日も西尾さんはええものを、ええ棕櫚箒を作り続けていく。

撮影場所
高野山/円月島/千畳敷/橋杭岩/那智の滝/熊野古道 大門坂
撮影協力
棕櫚箒製作舎 西尾香織氏
使用機材(ソニー製品)
XDCAMメモリーカムコーダー PXW-FS5K
デジタル一眼カメラ α7RII
デジタル一眼カメラα[Eマウント]用レンズ SEL70200G
デジタル4Kビデオカメラレコーダー アクションカム FDR-X1000VR
エレクトレットコンデンサーマイクロホン ECM-VG1
ワイヤレスマイクロホンパッケージ UWP-D11
業務用SDカード 2SF-64P
ポータブルストレージ PSZ-SC96/PSZ-RA6T
※動画はFS5、静止画はαで撮影していますが、一部FS5で撮影した動画より切り出した写真も掲載しています。

撮影後記

撮影後記

デジタルペーパーでの撮影後記

撮影後記を読む

メールサービス登録

メールサービス登録

Copyright Sony Business Solutions Corporation

TOP